【出場選手紹介】トラックレース

TOPICS 2018.04.03

東京オリンピック自転車競技会場「伊豆ベロドローム」に世界で活躍する国内外のトップ選手総勢36名(予定)が、短距離・中長距離レース、計5種目(ケイリン・エリミネーション・テンポ・マディソン・スプリント)でしのぎを削ります。

 

マシュー・グレーツー(24)オーストラリア

前回のTRACK PARTY 2017での走りが、目に焼きついた人も多いだろう。とにかく「強い」以外の言葉が見当たらず、圧倒的なパワーで飲み込んでしまう競走スタイルは、迫力満点。2018年スプリント世界チャンピオン。

 

ニッキー・デグレンデル(22)ベルギー

2018年ケイリン世界チャンピオン。チャーミングな笑顔とそのレースセンスは秀逸。戦法のバリエーションも豊富でレース巧者を見せつける。初来日でどのような競走をみせてくれるか、非常に興味深い。Photo Credit:More CADENCE

 

※出場選手は変更になる可能性がございます。

ご協賛各社